市販パンと家庭パンの決定的違いとは?

大切な人に食べさせたい 自然派料理
オイルフリーナチュラルパン作り
加藤みきです

 

 

 

 

家庭で作るパンやお菓子には、
スーパーなどで手に入る材料
だけを使って作るのが
普通ですよね。

 

 

 

 

イーストフードやPH調整剤、
植物油脂といった正体がわからない
ものを加えたり

 

 

カサを増したり
食感をよくするものを加えるなんて
まずありませんよね。

 

 

 

ですが市販のお菓子もパン類も
裏の表示はびっちり。

 

 

私のレッスンでお伝えしている
基本の
パン材料はこちらです。

 

 

強力粉 酵母 きび砂糖 水、塩
です。

 

 

 

 

同じパンでも
市販品と家庭パンで
なぜ材料が変わってくる
のでしょうか?

 

 

市販パンは商品です
ですから製造、流通を経て
賞味期限までは
カビを生やすわけにはいきません。

 

 

 

また商品ですから利益を
得られないものは製造する
意味がなくなってしまいますよね。

 

 

 

 

これだけではありませんが
利益を
出さなければどんな会社も工場も
成り立ちません。

 

 

 

 

このためには原料のコスト
を下げ、
製品が劣化しないための添加物を使用しなければならないことも

 

 

 

 

購入する消費者は理解する
必要がある
と思いませんか?

 

 

 

 

この逆に家庭で作り食べるパン
不要な不安材料を加えて
作ること
はあまりないと
思います

 

 

家庭の食事やパン
家族が安心して口にできて
それを食べることで
からだや心を
つくるものですね。

 

 

目的が違えば
作り方や材料も
変わってきます、

 

 

 

あなたが
パンを食べる目的は
何ですか^^?

 

 

健康な体作りや
食べた後不快感がなくて
美味しいと感じながら食べたい!

 

 

小麦の香りを感じたり、
ふっくらとした心の和む形が好き、
パンを食べる時の幸せな
気持ちが好き

 

 

そのような目的
ではありませんか^^

 

 

 

目的に合わせたパンを食べるには
手作りすることが一番だと
私は想っています。

 

スクリーンショット 2020-08-23 10.36.36.png

 

 

添加物や薬品類は全てとは
言いませんが
少なからず私たちの体に
不要な影響を与えるものです。

 

 

 

体に負担をかけてしまうパンなら
本来健康で暮らしたいという
目的とは違う方法に
進んでしまいますね

 

 

 

あまり食べさせたくないと
思いながら
子供にお菓子類や、
作るハードルの高さから
市販パンを買っている。

 

子供が甘さや香りの強いものに
慣れてしまっている。

 

 

でも変えられない現実が
あるとしたら
変えられない今後
どうなっていくのでしょうか?

 

 

 

子供が自然にお菓子類を
食べなくなったり
材料最小限で作ったパンの味や
自然な小麦味、
素材味を知る機会は

 

 

今後あるのでしょうか?

 

 

日常的に自分自身や子供の
コントロールして
あげられるのは
誰か
お時間がある時に
言葉にしてみてくださいね!

 

 

 

近日中にメルマガから
相談会募集を開始します!
しばらくお待ちください!

スクリーンショット 2020-06-15 15.13.07.png

スクリーンショット 2020-08-22 21.18.21.png

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

大切な人に食べさせたい 自然派料理
オイルフリーナチュラルパン作り
加藤みきです

 

 

 

 

家庭で作るパンやお菓子には、
スーパーなどで手に入る材料
だけを使って作るのが
普通ですよね。

 

 

 

 

イーストフードやPH調整剤、
植物油脂といった正体がわからない
ものを加えたり

 

 

カサを増したり
食感をよくするものを加えるなんて
まずありませんよね。

 

 

 

ですが市販のお菓子もパン類も
裏の表示はびっちり。

 

 

私のレッスンでお伝えしている
基本の
パン材料はこちらです。

 

 

強力粉 酵母 きび砂糖 水、塩
です。

 

 

 

 

同じパンでも
市販品と家庭パンで
なぜ材料が変わってくる
のでしょうか?

 

 

市販パンは商品です
ですから製造、流通を経て
賞味期限までは
カビを生やすわけにはいきません。

 

 

 

また商品ですから利益を
得られないものは製造する
意味がなくなってしまいますよね。

 

 

 

 

これだけではありませんが
利益を
出さなければどんな会社も工場も
成り立ちません。

 

 

 

 

このためには原料のコスト
を下げ、
製品が劣化しないための添加物を使用しなければならないことも

 

 

 

 

購入する消費者は理解する
必要がある
と思いませんか?

 

 

 

 

この逆に家庭で作り食べるパン
不要な不安材料を加えて
作ること
はあまりないと
思います

 

 

家庭の食事やパン
家族が安心して口にできて
それを食べることで
からだや心を
つくるものですね。

 

 

目的が違えば
作り方や材料も
変わってきます、

 

 

 

あなたが
パンを食べる目的は
何ですか^^?

 

 

健康な体作りや
食べた後不快感がなくて
美味しいと感じながら食べたい!

 

 

小麦の香りを感じたり、
ふっくらとした心の和む形が好き、
パンを食べる時の幸せな
気持ちが好き

 

 

そのような目的
ではありませんか^^

 

 

 

目的に合わせたパンを食べるには
手作りすることが一番だと
私は想っています。

 

スクリーンショット 2020-08-23 10.36.36.png

 

 

添加物や薬品類は全てとは
言いませんが
少なからず私たちの体に
不要な影響を与えるものです。

 

 

 

体に負担をかけてしまうパンなら
本来健康で暮らしたいという
目的とは違う方法に
進んでしまいますね

 

 

 

あまり食べさせたくないと
思いながら
子供にお菓子類や、
作るハードルの高さから
市販パンを買っている。

 

子供が甘さや香りの強いものに
慣れてしまっている。

 

 

でも変えられない現実が
あるとしたら
変えられない今後
どうなっていくのでしょうか?

 

 

 

子供が自然にお菓子類を
食べなくなったり
材料最小限で作ったパンの味や
自然な小麦味、
素材味を知る機会は

 

 

今後あるのでしょうか?

 

 

日常的に自分自身や子供の
コントロールして
あげられるのは
誰か
お時間がある時に
言葉にしてみてくださいね!

 

 

 

近日中にメルマガから
相談会募集を開始します!
しばらくお待ちください!

スクリーンショット 2020-06-15 15.13.07.png

スクリーンショット 2020-08-22 21.18.21.png

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?