バター油脂を使わずに柔らかなパンを焼く方法

パン作りから自分を癒し自分を
大切にする

メディテイションブレッド
加藤みきです

 

 

バター油脂を使わずに柔らかな
パンを焼く方法

 

 

 

バターやショートニング、マーガリン
油脂類は

なぜパンの材料なのか?

 

 

そう考えたことはありませんか?

 

 

油がつくと手や床もぬるっとします。パン生地に油が入るとぬるっとして
生地が伸びやすくなるんです。

 

 

 

 

ということはパンがふわーんと
膨らみやすくなるんです。

 

 

 

ですがバターや油脂を使わずに
柔らかいパンに仕上げる、
そのためには、

 

 

 

 

●生地の最適な水分量を知る

●生地をしっかりこねる

●焼き時間の管理

 

 

 

●生地の最適な水分量を知るでは

 

生地の状態を管理できるのは
人です。
人が生地状態と必要な水分量を
確認して水分を増減しないと

 

 

 

同じレシピでも
毎回出来上がりが違うパンに
なってしまいます。

 

 

 

 

今日なら秋晴れ、空気は乾燥
それならレシピの分量よりも
水分は多く必要になりますし

 

 

 

 

 

夏なら高湿度なのでレシピ通りの
水分を一気に入れたら
生地がベタベタになることもあります。

 

 

 

 

必要に応じてこねながら、
水分を足してあげてくださいね!

 

 

 

●生地をしっかりこねる

 

 

生地はしっかりこねることで
伸びがよくなります。

 

 

こねが不足していると生地が
膨らむことができません。

 

 

どういうことかと言いますと
イーストが発生させる二酸化炭素
で生地を押し広げて
パンは膨らむのですが

 

 

 

生地のこね不足は、生地が伸びられないので二酸化炭素で
押し広げられない
のです。

 

 

 

 

引っ張って、すうっと伸びる

生地になるまでこねられると

問題は解消できますね^

 

 

 

 

●焼き時間の管理

 

 

バターや油脂を使わない
ロールパンなら7〜9分
で焼き上がります^

 

(生徒さま作品)

 

 

 ですがバターを使ったパンなら
15〜18分くらいは焼きます。

 

 

 

バター油脂不使用のパンと
バター入りでは
焼き時間は倍程度違うのです

 

 

バター油脂不使用のパンは長く
焼けば硬くなって美味しくなくなってしまいます

 

 

 

適した時間を知って焼き上げること
バター油脂不使用のパンの
とっても大切なポイントです。

(生徒様作品)

 

 

いかがでしたか?^^

バターや油脂がないパンでも実は

とっても美味しくてローカロリーです。

(生徒様作品)

しかも焼き時間は短く、洗い物に
洗剤がいらないのです。

 

 

 

 

時間をかけてパン作りして
面倒な洗い物はベッタベタ。

ではちょっと疲れてしまいます。

 

 

 

 

 

バターや油脂を使わないパンは
日常にも取り入れやすいことが
少しでも伝わったら

嬉しいです^^

 

 

ただいまパン、食事についての
個別相談は有料期間です。

 

 

次回の無料相談会はこちらの
メルマガで
お知らせいたします。

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?