体験会の前にお伝えすればよかったこと

体験会の前にお伝えすればよかったこと

今日は教室で使う材料を公開します!

あなたは普段使う食材に決まりはありますか?

例えば決めて使う砂糖や塩があったり

お米の銘柄にこだわりがあったり

チョコレートならばダークチョコ!というように。

 

パン作りから自分を癒し

自分を大切にする

メディテイションブレッド 

加藤みきです

これまでパンの材料は何度も書いていました。

ですが

どんなものか

までは書いていませんでした。

本日は基本的材料を公開しますね。

まず強力粉、薄力粉:国産小麦

全粒粉やライ麦も国産です。

また講座によってはスペルト小麦

という小麦を使う際はドイツ産です。

砂糖:きび砂糖、甜菜糖です。

全てのパンに使うわけではありません。

また講座内スイーツレッスンでは微粒グラニュー

糖を使用する回があります

✳︎上白糖は、パン、

講座料理にも不使用です。

ドライイースト:サフ インスタントドライイースト、

有機天然酵母、ホシノ天然酵母

塩:天然塩

パンに使う水:軟水

シンプルなパンのレッスンがベースなため

卵や牛乳はパン材料として

使用する回の方が少ない現状です。

クリスマスレッスンでは通常使わないバターを

シュトレンに使用していきます。

バターはグラスフェッドバターを使用しています。

✳︎牧草を飼料として育てられた牛の

ミルクからできるバターです^^

体験会にご参加の方がおっしゃいました。

  

体験会のパン材料まで確認
させていただくのは

悪いような気がして・・・

以前習っていたパン教室は

外国産の粉、バターやショートニングを

使い、ボリュームある甘いタイプを作る

パン教室でした。

いつもは白いお砂糖はとりませんが

そういう材料のパンは本当は

気が進まなかったので

加藤さんのパンを習ってみたい!そう思いました!

このようなお声を直接いただき

ご参加くださいました。

ですので材料説明をさせていただいたとき

ホッとされた表情でした。

材料はそこまでこだわらない、まずは

作り方を知りたい。

そのような方ももちろん私は歓迎しています。

なぜならパンを始めた頃の私が

そうだったので。

私は買う食品なら体に負担をかけず

作る際に手間がかからない、

複数の材料がなくてもできる作り方を

実践しています。

材料にこだわるのは、なぜその材料が良いのかを

知ってからでいいと思うんです。

まず楽しんで作り食べるところが

お家パンのスタートですよね^^

楽しいことや美味しいことは

人の心を動かし、行動を変えていくことを

私はこれまで10年のレッスンで

実際に見てきたからです。

本日も最後までお読みくださり

ありがとうございました。

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?