10年の講師経験で感じる集客が安定しない教室の特徴

 
 
 
 
あなたの教室のチェックをしてみてくださいね。

集客の安定は講師なら誰でも

手に入れたいものですよね。

 

 

 

比較的安定しやすい教室、

集客自体が難しい教室、

何が違うのでしょうか?

 

私が考える違いは

1:レッスン形態にちがいがある

 

 

 

2:レッスン募集の仕方が違うこと

 

 

 

 

まず、1のレッスン形態は、

対面レッスンかオンラインか

募集内容は変わりますよね。

 

 

 

 

コロナウイルス感染影響や

緊急事態宣言の中でも

対面レッスンを行うなら

 

 

 

対面でも参加したい、
という生徒さんが集まります。対面でも
行える対策配慮、
徹底した規定を設けて行う必要が

ありますね。

 

 

 

 

 

 

 

いま、コロナ感染の疑いがあっても

検査できず、
病院にも入れず、

特効薬もなく、
自宅で命を落とす方が
相当数おられるそうです。

 

 

 

 

 


現状に不安を感じる方は多く、

客足は遠のきやすいのが
対面レッスン現状ですね。

 

 

 

 

あなたの教室はどんなレッスン形態ですか?

2:募集の仕方に違いがある。

こちらも集客が不安定になる原因の
上位です。

 

 

 

 

募集の仕方は募集ページの文章や
構成、どんな画像か?

ということではありません^^。

これらも大切ですが

 

 

 

私が考える、実践してわかった
とても重要なのは、

 

 

 

単発レッスンのみか、

コースレッスンがあるかの違いです。

 

 

 

単発レッスンは、生徒さんは手軽に参加できる
代わりに

毎月絶対そのレッスンを予約したい!

という感情を起こさせるレッスン内容

必要ですよね^^

 

 

 

逆にコースレッスンは、
生徒さんが落ち着いてコースレッスンを進むから
着実に得られるものがある

という認識になるので

 

 


コースレッスンのイメージは、
生徒さんはレッスン参加で
階段を1つずつ上がりながら
上達や変化を感じるから
また継続してレッスンをご受講くださる

 

 

 

 

というのが私の講師経験から

わかったことです。

 

 

 

 

1回限りの
単発募集は講師の労力や思考エネルギーを
酷使し、
その都度、生徒さんをお迎えする
自宅キッチンも整えて

 

 

 

 

備品や食器、飲み物なども準備して
1回限りの数千円の収益では

安定する方が難しいと言えます。

 

 

 

 

もしあなたが自宅レッスンを開講して
5年未満なら
あなたが困ると感じることは
私がほとんど経験してきていると
思いますし、

コロナでオンライン化して
3月から300回ほどはレッスンを

行っているので

実践の困りごとは
かなり経験済みです^^

 

 

 

レッスン成功のための下準備も
もちろん行ってきました。

 

 

 

 

あなたがオンライン化をするなら

方法だけを買うのと、

実際のオンラインレッスン
現場のことを知ったり
低単価を変える具体策も手にするのでは

どちらが将来有益だと感じますか^^?

 

 

 

 


不安定な集客だから運営に疲れてしまう。

どうしたら変えられるか自分ではわからなくて

折れそう。

そんな思いはありませんか?^^

 

 

 

 

初回無料のオンライン化説明会で
その原因を把握して
あなたの次の行動に役立ててください。

 

お待ちしていますね!

 

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?