気をつけるのは添加物だけ?つい見落としがちなもの。

毎日レッスンやミーティングが続いています^^

ミニマルパンの講師になる

みなさんと話していると

家族の健康状態の把握力アップや

健康コントロールに

ミニマルパンを活用されていたり

理論的に問題の理由を考えて

解決には何が必要か?

など
冷静に考える姿勢で取り組まれています。

今後のみなさんの開講がとても楽しみです^^

マスターコースの講師さんには

復習レッスンに参加しても

毎回新しい学びがある!

とご感想をいただいています^^

それでは記事です。

 

 

 

体験会にご参加のや受講生さんは

食を知ってや体のケアをしたい。

子供の食事を良いものに変えてあげたい。

健康のための食の我慢に違和感を感じている。

このような方ばかりです。

 

もちろん添加物類にもできる範囲で

気をつけたいと思っている方が多いです。

添加物類を避けて食を選ぶ理由は、

健康な体を維持したいからですよね^^

なので私はせっかく添加物に配慮するなら

合わせて、あるものにも注意をしてくださいね。

とお伝えしています。

あるものとは

・・・

・・・

です。

油が酸化することはご存知ですね。

ですが酸化していない油なら

安全か?と言ったら・・・・・

答えはNOです。

加工品に含まれる油が酸化しているか

どうかは消費者にはわかりませんし

ほとんどの場合

植物油脂という表記で、油の種類、原料も

表示からはわからない上に

どのくらい入っているかも

わからないのですよね。

わからないものがいくつも

組み合わさってできている

市販パンや菓子パン、

お菓子や加工食品が

食べた後の体にどんな作用を

起こすかも

わからないと言えるのですよね。

言い換えれば不調を起こした原因が

いつもわからない状態を作っている

のです。

アレルギー炎症、

人によっては肌荒れや発疹なども

起こしやすくするのが油です。

その油の存在に配慮することは

添加物類に気をつけることと

同じレベルまたはそれ以上に重要だと

私は思っています。

そして小さな子供が口にする

子供用、子供向け商品にも

容赦なく植物油脂は含まれています。

小さな体は

一生懸命食べたものを消化して

自分の成長の材料にしようと

各器官は働いています。

体を守るために毎日添加物類の解毒をして

います。

市販パン好きだから、

甘いパンをよく食べるから、

という選択は子供の笑顔をいつか

奪ってしまうこともあるかも

しれません。

皮膚に炎症や痒みが起きやすい

お子さんや

食物アレルギーが過去にあったお子さんなら

ママが今から気をつけてあげることで

未来の体を変えることは可能です^^

お子さんの体ケアをするための

食選択は

ママの不調を改善することも

できるんですよ。

これからオイルフリーパンを始めたい!

胃腸の不調を今年は変えたい!

夏に炎症を悪化させたくない方へ向けて

オンライン体験会を行います^^

オンライン体験会にご興味のある方はこちらへ


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?