続く幸福感を自分自身で作る方法

小学3年生の長男が
私にたくさん話すようになって、
甘えてくれるようになりました。

 

 

 

それまでは言い合いが多く
お互い疲れてしまっていました・・・

 

 

 

 

 

 

 

大切な人に食べさせたい自然派料理、
家族に優しいナチュラルパン作り
加藤みきです。

 

 

 

 

 

これは受講生さんの講座からの
変化です^^

 

 

 

パンを作ることは
家族を大切にする方法の1つです。

 

 

あなたに置き換えて考えてみてくださいね!

 

 

安かったからコレ!買ってきた。
とりあえず食べよう

 

 

というのと

 

 

 

体に優しい材料を習ったから
コレ作ってみた!食べてみて!

 

 

 

ざっと買ってきて済ませる食事と
誰かを思って作った食事の違いです。

 

 

 

受け取るのがあなただったら
どちらが「じぶんは大切にされている」
と感じるでしょうか?

 

 

いつも忙しくてもとにかく手間暇かけて
自分の時間を大幅に削って
食事準備することが
重要ではなく

 

 

 

 

週に1回でも2週に1回でも
「自分を大切にしてくれる人がいる」
と家族が感じるような手作りが
できる  
あなたになったら

 

 

 

子供や旦那さんは作ってくれたあなたに
きっと感謝や嬉しさを感じますね。

 

 

 

 

それは豪華なものや表面的なことではなくて
食べた体の内側にも配慮があることが、大切にされていると感じられるのだと思います。

 

 

 

与える幸福感は長続きする
という結果が茂木健一郎さんの著書内にがありますが、

 

 

 

家族が幸せそうな
表情をしていたら
自分がその表情で長く幸福感を感じられれば

 

 

 

ピリピリイライラしない自分になれますよね!自分自身への考え方が変わって人と比べたり落ちこむこともなければ
心の疲労も減らせます。

 

 

 

 

 

 

 

それを実践してきた私が
この講座をひらき、
受講生さんにお伝えしてきた結果、
素敵な変化を実感いただいています^^

 

パンから始まる4つの物語
を近日中にリリースいたします。

 

 

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?