ご存知ですか?隙間のお菓子習慣の発生源。

なぜ隙間時間にお菓子類をつい

口にしたくなるのでしょうか?

お菓子を食べなければ

その後の罪悪感もお菓子の量で

子供ともめたり

ママがイライラすることもなくなりますね^^

 

 

気になるアレルギー反応も

軽減できるのに

なかなか我慢では

改善できない習慣ではないでしょうか?

 

 

甘いお菓子類が習慣化しやすいのは

子供も大人も同じです。

 

 

隙間時間に甘いものが欲しくなる理由、

それは朝食や夕食に菓子パン、市販パンをたべたり

砂糖たっぷりで味付けしたおかず類が

原因になっています。

 

 

これまでも

こどものお菓子の量や甘いものを

おかわりしたいことで

ママと子供のイライラやぶつかりの

ご相談も受けてきましたが

 

 

朝食は子供が喜ぶからという理由で

市販のチョコチップパン。

カラフルなチョコが乗ったドーナツ型の

パンが好きで

和食だとほとんど食べない・・・・

というママからの相談でした。

 

 

糖は糖を呼ぶ、

というように

甘いものを口にすると

また時間が経つと甘いものを欲しく

なってしまいます。

 

 

勘の良い方はもうお分かりですね。

食事に砂糖や油の多い菓子パン類を

食べていれば

ふと何か食べたいと感じるものは

甘いものになりがちで

 

 

意識して整えなければ

そのサイクルは変わらず、

 

 

 

市販パン習慣を変えなければ、

間食の甘いものや

夕食後のデザート習慣も

変えることは難しいのです。

 

 

辛抱我慢は
長期的には続けることはできません。

 

 

ミニマルパン講座では

主食のパンを変えたことが

甘いものから無理なく離れることが

できた受講生さんの変化は

とても多いです^^

 

 

ミニマルパン体験会で

子供の不調や習慣、寝起き問題や

イライラや感情の起伏も

相談時間にお話を伺うと

傾向や原因が見えてきます。

 

 

ママが知って解決法を実践したら

子供は短期間で変わることが出来ます^^

 

 

せっかくの新生活をもっと

活動的でストレスなく過ごすために

ママができるサポートは

家庭の食事です。

 

 

ミニマルパンで食習慣や

お菓子頻度の変化を体感してみませんか?

 

 

 

 

 

あなたやあなたの家族に

パンが好きだけれどパンを我慢していたり

市販のパンを口にすると

体に不快感がある、

小さい子供に食べさせるパン、食事やおやつを

正しく選びたい

 

そのような思いのある方は

オンライン体験会にご参加くださいね。

 

 


こちらの無料電子書籍はお受け取りいただいていますか?